ヒアルロン酸注射の正しい知識をつけよう!(デメリット編)

ヒアルロン酸注射を行えば、気軽にしわが伸ばせたり、
唇を厚くしたり、鼻を高くしたり、あごの形を整えることができます。
しかも、約10分程度の時間で可能なんです。

ライチタイムトリートメントと欧米では言われるほど、
非常に人気がある美容整形になる理由はここにあります。


ただし、メリットが多いということは、
当然、デメリットもあるわけです。
この点もきちんと知識として身に付けておく必要があります。


ヒアルロン酸注射のデメリットは、「継続」です。
ヒアルロン酸はこわれやすく、また時間とともに減ります。
ですから、ヒアルロン注射して一時的、しわをのばしたり、
唇を厚くしたり、鼻を高くすることはできますが、
今後、維持するためには、ヒアルロン注射を
ずっと続けなければならないわけです。
よく言われているのが、「約1年」ですが、
信頼できる数字かどうかは定かではありません。
これについては、専門の整形外科医から
正しい知識を得る必要があります。


結婚式など、大切なイベントで
自分をより良く見せたいという願望レベルならば、
非常にお手軽な美容整形といえそうです。
ちなみにこれも目元は目の充血などを伴う可能性があるので、
必ずイベントから2週間以上あける必要があります。

その他、適量を注射しなければ最大限の効果は得られません。
美容整形の専門医によく相談することは大切です。

ヒアルロン酸注射はとても安心で効果の高い美容整形です。
だからこそ、メリットだけでなく、
デメリットも理解した上でヒアルロン酸注射を行いましょう。

トップ > ヒアルロン酸注射 > ヒアルロン酸注射の正しい知識をつけよう!(デメリット編)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。