ヒアルロン酸はなぜ、かわきや老化対策に有効なのか

ヒアルロン酸のもっとも大切な役割が「保水力」。
ヒアルロン酸は、皮膚や関節など、水分が多いところには必ず含まれている成分で、
とても大事な働きを行っています。
だからこそ、かわきや老化、しわにとても有効というわけです。

近年では口や鼻、のどなど、あらゆる部分の渇きに対して、
保水力を持つヒアルロン酸配合の商品が増えてきています。
化粧水やスキンケア用品店に行けば、必ず目に入ると思います。

ではヒアルロン酸がなぜ、かわきや老化対策に有効なのか。
それは、この保水力に魅力があるからです。
ヒアルロン酸は分子構造がアミノ酸の基本構造が同じで、
分子量が大きい糖類の一種になります。
分子量が大きいと体内に残りやすくなります。
こうして、肌の保湿に一役買っているわけです。
一方で、分子量が大きいというと直接肌からは
吸収されにくいという一面もあります。

よく、美容整形では肌のしわ、たるみに対して、
直接、ヒアルロン酸を注射したり、注入します。
これは、ヒアルロン酸が肌から直接吸収されにくいという性質があるからです。

トップ > ヒアルロン酸と保湿 > ヒアルロン酸はなぜ、かわきや老化対策に有効なのか

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。